FC2ブログ

Archives

 2006-09 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトックス 

岩盤浴に行ったのですよ。初めて。
元々サウナ好きのワタクシにとっては
岩盤浴、めちゃめちゃ楽しみでした。

実際、サイコーでしたよ。
汗が出る出る・・・。
肩も腰も熱い岩盤の上に寝ることでほっかほか。
顔もつるつる。。
すごいっ。また行くでしょう。お勧め。
しかし、猛烈眠くなります、終わってから。

スポンサーサイト

渋谷公会堂デビュー 

9/26、『表参道コレクション』@渋谷公会堂、無事終了しました。
表参道に店舗を持つ美容室が集まってやるヘアショー。
ワタクシ、Of hairという美容室の出し物に参加しました。

見えずらいですけど、下手の方にワタクシが。
映像と上手側のヘアカットのライブに合わせて即興演奏しています↓
3932.jpg


上手側↓
3934.jpg




前日の打ち合わせ時に髪は真っ黒に、前髪は今まで以上に短く、
眉毛もカットされ、モード系メークがうっすら施された状態がこれ↓
眉毛メークした状態でこの薄さ。
"納言!"
3902.jpg


で、本番はこれ↓
"ヘビメタ!"
3906.jpg


今回、Of hairのテーマは『二面性』ということで、
舞台中央ではトイピアノを弾くお姫様がいて、下手には
ピアノを弾く、ワタクシいじわるおばばが!(うそうそ)
↓姫役はOf hairアシスタントの相田さん。・・か、かわいい。。。
3928.jpg


いつもお世話になってるOf hairのみわちゃん
今回のワタクシの髪は彼女の作品↓
3924.jpg


Of hairのみなさん、お疲れさまでした!
いい経験させていただき、ありがとうございました!


では最後にもう一度、『ヘビメタ納言』をご覧あれ!恐!
3912.jpg

社会科見学のような。 

近々、お手伝いさせていただく『ヘアショー』の
2回目の打ち合わせに表参道へ。
昨日はワタクシの衣装、ヘアスタイルについての
打ち合わせで。
明日は本番会場でのリハ、あさってが本番と続きます。
うまく行くといいな。

で、今日はよしこのお仕事見学にサンシャイン劇場へ。
演出家先生よしこは貫禄たっぷりで、かっこよかったですよ。
舞台もとても面白かった。
演出のあちらこちらに、『なんか、知ってる感じ』を覚えるのは、
それがきっとよっさん節なんでしょうね。
あと、出演者の方々も、ねこマジゆかりのある方が多かったし。

それとね、「おおーっ!」て思ったのが、お客さんの反応。
きっと今回の舞台をすでに一度は観た、リピーターも多いのでは
ないかなと思ったのだけれど、歓声も笑いも拍手も、ありとあらゆる
リアクションがそろいまくってるの。
むしろ、「客席のみなさんが劇団の方ですか?」って感じ。


マジリハも始まります。いよいよ。やっと。
そして、ワタクシの異業種?見学会もつづく・・・。





アート。 

セルゲイ・パラジャーノフの「ざくろの色」、観ましたよ。
B00023GSIS.jpg

どの場面のどの瞬間を切り取っても、美しい絵画になる。
だから、どの瞬間も見逃したくない、そんな映画です。
この映像を流したまま、ワイン飲んで話したりしたいですね。
BGVっていううんですか?


スジは"18世紀のアルメニアの詩人の生涯"。
台詞はほとんどなし。
カメラも一つの場面ごと、ほとんど動かず、
人の動き(パントマイム的なものも)と、
章ごとに付いている詩で、話をつないでいく。
とっても演劇的ですね。
小道具、衣装と言えば、もう、ため息ものの美しさ。
CGとか特殊効果画像もないのにものすごく幻想的でもあります。
役者の立ち位置、地形や建物を生かした役者の動き、
小道具などの動かし方、宗教歌を中心とした音楽、
これらすべてのバランスによるのですね。


でもどの場面にも、
「何それ?」って思わず言ってしまう、ユーモラスな動きがあり
笑ってしまう。
例えば、青い鳥のくちばしを人間がくわえていたり、
ひつじが何百匹も修道院にひしめきあっていたり。
ウマの走り方一つとってもおかしい。

とにかくホントに美しい映画です。


なーんてつらつら、レビューめいた事書いてますけどね。
この映画、ワタクシ3回目にしてやっと、最後までたどり着きましたから。
たった70分ちょいの映画なのに。
夜深い時間に観ると、最高の誘眠剤になりますよ



はーっ。
こういうの観るたびにね、思うのね。

"わたしゃアーティストにゃなれないな"

ってね。





実験君。 

音の実験、デモ制作などなどの日々です。
その合間に、ねこマジnew songも。
楽しいんです、実に。
ほんで、引きこもりです

ところでこちらは、ピアノの中身の弦を使った奏法(弦を手で押さえてミュートする/
弦を直接はじく/たたく/倍音をならす等)に挑戦の図です↓
3856.jpg



でね、今日、ウチの調律師さんI氏に久々に調律して頂きながら
色々聞いてみました。
そうやって直接弦を触って、調律上問題ないですかと。
すると、基本的に問題はなく、ただ、人により体液に差があるので
どうしても気になる時は、布にベンジンを含ませて、弦(ピアノ線ね)を
拭くといいそうです。

へー。

ピアノって強いのね。
でもハンマー部は触らないようにとのこと。

へー。





犬マジック 

中学生女子のレッスン。
もちろん、学業、部活に多忙な彼女は
練習などしてきません。

いいんですよ、それでも。
“一緒に練習しましょう”のレッスンで。


しかし、ワタクシの虫の居所の悪いときは
沸々と頭は煮えたぎり、むかむかと。。。。
それでも、にこやかに、丁寧に、ジョークも
交えてレスッンです。

でも、やはり、心の中はクサクサ。。。。


レッスンが終わり、そんな時に限って、お母様が
ご丁寧に
「いつも練習してなくて、申し訳ありません」
とお迎えに来られて、仰る。

、、、と、今日はこのお宅のワンちゃんも一緒のお迎え。
で、お母様が謝った次の瞬間、
このゴールデンレトリバーのワンちゃん、つつつと
ワタクシに寄ってきて、くんくんとワタクシの手に
鼻をつけて、しっとしとした鼻をくっつけて、
くんくんくんと。
で、またつつつとお母様のところに戻る。
ペロペロ舐めたりしない。しっぽをむやみに振りすぎたりもしない。
ただ、数秒、くんくんとだけ。
極めて静かに。


やられました、ワタクシ。

簡単に癒されてしまった。

このワンちゃんのワキマエタ感。
脱帽です。
すっかり、ワタクシ上機嫌。簡単すぎる。



きっと、このワンちゃん、ここのお宅では、
トラブル処理、謝罪係りに違いない。

「それではさようなら」
と戸を閉めたとたん、お母様にご褒美のクッキー
もらったに違いない。

来客 

ドイツ在住の親戚が、一時帰国で、今日からウチに居候です。
大掃除→食材大量買い出し・・で、バタバタです。
で、いつもはしないこともしてしまう。
3735.jpg

『ドライトマトのオリーブオイル漬け』
・・・上手くできるんだろか。
明日のお楽しみ。

オタクになれた? 

まさにオタク的にJazzピアニスト達のアルバムを聴き続ける日々。
そんな中、今週、行き着いたベストはこれ。
369.jpg

Brad Mehldau 『Largo』。
ええと、どうも、賛否色々な、問題作と言われているようですが。
ワタクシは、2002年の、このアルバム発表当初より、好きなんです。
あのね、
”うた”があるのですね、このアルバムにおさめられたフレーズの数々には。
ああ、そうそう、そういう風に歌いたかったという、
心に感じる"うた"があります。
今週、様々なピアニストのアルバムを聴きあさり、それぞれに、いい"うた"
が詰まっていて、カッコいいのも、艶かしいのも、美しいのもたくさんありました。

で、行き着いたところ。

こんな表し方はどうでしょうか。
   
    「好きな人を、もっと好きになってしまう」

そんな  "うた" がワタクシを  夢中に  します。


プププ・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。