FC2ブログ

Archives

 2006-08 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒 

吉祥寺MANDALA2へシャバヒゲ鑑賞に。
今回も、楽しかった。気持ちよかった。
こちらで音源試聴できます。

その後、間に合うかなと焦りつつ、有興人へ。
この日はたまたま3stageあって、ラッキー、観れました。
過去ライブ音源はこちらです。その日集まるメンバーによっても、
色々音、変わるので、見逃せません。


イメージをふくらまして、
大きく、とおくまで。。。




スポンサーサイト

お知らせ 

5月にレコーディング参加した
エスタシオンバンドのCDが明日発売になるそうです。
こちらで明日より販売!!
どこか懐かしい感じの、しみじみ出来るステキな曲ですよ

ピアニストを聴くの巻 

ひたすら、ピアノ鑑賞、本日のメニュー。

1.STEFANO BOLLANI 『SMAT SMAT』

2.BOJAN Z 『SOLOBSESSION』

3.MICHEL PETRUCCIANI 『solo LIVE』

4.BRAD MEHLDAU 『ART of the TRIO』

5.DIEGO AMADOR 『Piano Jondo』

6.KEITH JARRETT 『Tribute』

7.CHICK COREA 『Remembering Bud Powell』

8.MAKOTO OZONE 『Walk Alone』

9.HERBIE HANCOCK 『THE COMPLETE WARNER BROS. RECORDINGS』

10.GEORGE DUKE 『A BRAZILIAN LOVE AFFAIR』


ふー。
次なるミッションに備え・・・

飲んでは汗かきの繰り返し 

最近、太ったんですよ。
厳密に言うと、常にむくんでるっていう。
まぶたが腫れっぱなし。

大のビール党のワタクシですがここのところ、
日本酒、ワイン・・に移行しつつあります。
でもね、
アルコール度数高いもの飲むと、水も
たくさん飲んじゃって、で、翌日むくむ。


さて、先日8/24は渋谷のspumaでakiさんのLive、お手伝いしました。
とても楽しかったです、ワタクシ。

でね、この日、リハから本番までの空き時間が結構あって、
空いちゃった時間は、それは、食べるか、飲むか
しかないもので、メキシカン&ビールを堪能しました。
そう言えばこの間のmakoring Liveの時も、空き時間
長くて飲んだなあ。

そして、無事、Live終了後は、DERORIに行くわけです。
昨晩は『パエリヤパーティ』。スパニッシュ。
で、最近マイブームとなりつつある、Underbergのソーダ割りを2杯、
テキーラソーダ改め(テキーラの分量を増やし)→ソーラテキーラ
→ST(DERORIではこう呼ばれています。)を1杯。
で帰宅。


だからやっぱり、むくんでしまうのね、翌朝は。

かっこいいねえ。 

早速、渋谷タワレコで、「LAND OF PLENTY」のサントラと
レナード・コーエンのアルバム「The Essential」を購入。
3616.jpg

3625.jpg

「LAND OF PLENTY」の音楽はTHOM & NACTが多くを手がけているようです。
THOMは1972年生。出た、ワタクシとタメ。
この映画のスコア制作では4週間で17曲、仕上げたんですって。過酷ね。
ドイツのアーティストで、THOMの声はとても切なくてセクシー。
すきね。

で、帰宅後、夜、NHKで
『ラララ・ヒューマン・ステップス』というバレエカンパニーの
超高速バレエ『アメリア』の映像がハイライト放映されてました。
初めて見たのですが。。。
すっごーいっす。かっこいい、速い、音楽もいい。
速攻、録画。
3644.jpg


3672.jpg

音楽にしても、あらゆる物事にしても、おーきく、とらえたい。 

今日も暑かったですね。。。
今日はとあるリハに参加し、帰宅後、
借りておいたDVD鑑賞を。


ヴィム・ベンダース監督「ランド・オブ・プレンティ」。
3607.jpg

ベトナム帰還兵ポールは9.11以来、ちょっと偏執病的に、
たった一人でアメリカを守ろうとする。
その姪ラナはヨルダン川そばから
10年振りにアメリカに帰国し、伯父のポールを探す。
結局ある殺人現場に居合わせた2人は、その遺体を家族のもとへ運ぶ旅を
することになるのね、2人で。ポールのあやしいバンに乗って。

実際、多いんですって。ベトナム帰還兵で9.11事件によって、
悲惨な状況がフラッシュバックし、苦しむ人が。

全編通して「アメリカ人の悲しい愛国心」みたいのがテーマになっていて。
でも、ヴィム・ベンダース監督は「私はマイケル・ムーアのように
物議を呼ぶ作品を作る才能はない。やはり、ヒューマンドラマに
持っていく」って言ってるように、最終的には伯父と姪は理解を深めていく。

ワタクシ明日にでもこのサントラ買いに行きそうです。
レナード・コーエンの「The Land of Plenty」という楽曲から
ヴィム・ベンダース監督は映画タイトルをもらい、そのまま
タイトルソングにしたんですって。
ホームページ
「Music」のページ開くと聴けます。
すごく、好き。この曲。

makoring solo 

8/15、makoring solo live @吉祥寺MANDALA2、
お越し下さった皆様、ありがとうございました。
乾杯
乾杯!
ワタクシ、LLサイズ。
makoring、Lサイズ。

只今、MAN2では「Beer Festival」開催中。
(nekomaji-talk8/16記事、ご参照下さい。)




ねこマジCD、お買い上げ下さった方々、ありがとうございました。
詳細、こちらからどうぞ。



8/15 makoring soloセットリスト
1.すいぞくかん
2.海
3.HORE-HARE
4.あの人が来て
5.いつ立ち去ってもいい場所
6.かえる
7.Read Me
8.a season
9.みんなやわらかい

昼寝した。 

一昨日はヴァイオリンの中村八千穂さんと演奏し、
昨日はmakoringとリハ、


で、

今日は


昼間からTV放送の「蛍の墓」をみて
全編通してほぼまんべんなく、号泣してました
「せっちゃーん、せいたくーん」




終戦記念日、8/15、makoring solo with 南方美智子@吉祥寺マンダラ2にて。
今回もワタクシ、ちょびっと曲書かせてもらってますよ。
ぜひ、聴きにいらしてくださいまし。


観て聴いて 

夏休みも明け、今週からレギュラーレッスン業務始まりました。
ええと、はっきり言って体の調子めちゃいいです。
リズムのないのびきった休み期間は、正直、しんどかった。
計画性のない休みは今後しないように・・・反省。

でもな、のびきったから今週、元気なのかもね。

まいいや。


ところでところで、こーんなに懐かしい(ワタクシにとっては
10年振りくらいの)音源聴いたりしてます、昨日今日と。

HORACE SILVER
20060809233322.jpg


BUD POWELL jazz giant
5062.jpg


古典です、jazzの。なるほど・・・。ふっ、新鮮。
なんか、ドリフのコントとか見てる気分になった




最近の鑑賞DVDはこんな↓
『マダムと奇人と殺人と』
border="0""マダムと奇人と殺人と"

下宿付きビストロに集まる変わったキャラの人々が巻き込まれる、
殺人ミステリー。こういう群像劇系、好きなんです。しかも、
割とドタバタ系、しかも、変キャラの大人達が、がかわいく描かれている。



次にこれ、
『バッド エデュケーション』
3479.jpgバッド エデュケーション

アルモドバル監督のは好きで、色々観てます。
(映画『ハイヒール』では作品後半だったかな、大好きなラブシーンがある。
 また観よう。)
この映画、は一言これ↓
エンリケ役のフェレ・マルチネスはMYタイプ(ジャケット下の人ね)




少ーしバタついてきたなー。。。。やること整理して。
体ほぐしながらやすもう。

んまっ。 

昨日は友人を呼んで"アウトドアワインパーチー"してみました。
ワインパーチー1

今年の夏は、夕方からと~っても過ごしやすいですから
その時間からアウトドアでワインっていうのは、かなり

メニューは主に・「モロッコ風チキン」
       ・「ラタトゥィユ」
       ・「きのこのワインビネガーソテー」
後は友人がもってきてくれた・「ブリーチーズ」
             ・「スモークサーモン」
             ・「ガーリックオリーブ」

モロッコ風とラタトゥィユは前日からワタクシ、仕込んだので
味もしみてかなりんまっ
持って来てくれたお土産の方も、この友人自身すごくお料理の上手な人なので
選ぶ物も確か。おいしかった。ありがとう
ワインパーチー2

この友人(天才作曲家miki!)、こちらのヴィオラ弾きさんのCDのアレンジ、
また、オリジナルも提供していて、今度コンサートがあるそうです。
昨日もステキな新作デモ、聴かせてくれました。





で、今日はmakoringリハでした。
終了後、最近出来たばかりらしい近所のメキシコ料理店へmakoringと。
これが、なかなかいけました。
ビールも飲んで。
今日も笑ったなー


8/15(火)
@吉祥寺MANDALA2「まこりんソロvol.5」~to the south 2nd~
makoring with 南方美智子
ご予約はcontact@makoring.com




いやー昨日も今日もんまかった。

夏が来た 

昨日、nekomaji-talkの8/3付記事にて、『今夏は涼しーね』的なこと書いたとたん、
暑くなりましたねっ。やった!

記事にもある通りワタクシ只今、"ザ☆夏休み"。
ぐだ~っと過ごしてまして。

で、

今日は来る8/15makoringライブ@吉祥寺MANDALA2のリハでした。
主に新曲、初めて曲の打ち合わせリハで。
この暑い中、makoring、紫外線カット使用の長袖、完全防備で現れました。
今後の展望的なことも話し合いつつ・・。


歌書きたいモード全開中

葉月。 

先日、梅雨明け宣言出たようですね。でもどうも地味だなあ。
ガツンと来い!夏




さて。
my誕生日後の月末のこと、
約半年振りに鑑賞したaudace(クラリネット+アコーディオンのデュオ)のライブと
年1イベントの例の「夏のおさらい会」という2つのイベントで
同じことを感じたという話。(長文ですの。堪忍ね。)



その、、、、
久しぶりに会ったり見たりした時に
(ああ..変わってないなあ、懐かしいなこの感覚)
っていう風に、変わってないから安心できて、リラックスできる場合と、

(あれっ、ちょっと頼もしくなってない?なんか変わった!)
っていう風に、一皮むけた感や、明らかに会わなかった(見なかった)の間に、
この人、結構、頑張ったのね、とか、ちゃんと苦労したのね、って感心する場合
とがありますね。

今回2つのイベントで共通に感じたことは後者ね。

・audaceのライブパフォーマンスは以前見た時より、面白く、良くなっていた。
・「夏のおさらい会」で、ある講師の生徒はそろって、安定感のあるきちんんとした
 演奏をしていて、その指導振りに感心させられた。

久しぶりに見たからこそ、ハッキリ見えた結果が
この2つのイベントにはありました。
もちろんね、"安定感"や"きちんと"が目指す演奏法の全てであるわけがないし、
面白おかしいことだけが目指すパフォーマンスの全てであるわけではなし。
両者とも、音楽のことで、結果だとかなんだとかって、
ごちゃごちゃいう話ではないと言われればそれまでのこと。
わかってます、それは置いといて。
あくまでも今回の話のポイントは半年~1年かけて「良く、変化した」というところ


かたくなに、じっくり辛抱強く、
やりつづけ積み重なったものは必ず、結果になって表れるのねって。

そんなことを共通に感じたのさ。


どうもね、よそ見しがちでね、ワタクシ。
青々と美しい芝生が周りにありすぎて。
チラチラとフラフラとあっちこっち覗き見してはうらやましくて。
ちょくちょく色んな話、聞きかじっては焦る一方で。


腹くくって、我が道いかにゃあね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。